crazy*3

オール電化住宅でオール非電化生活

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

めざせ、オール非電化生活 2 

2013/06/29
Sat. 22:44


このオール電化住宅を新築する前、私たち家族は、
当時小6の長男と、小1の娘が通う小学校のすぐ目と鼻の先に住んでいた。

3LDKの古いマンションだったけど、主人の勤務先の会社が「社宅」として家賃を半分以上負担してくれていたし、
(それがそもそも奴隷生活の始まりなのだが)
小さな子ども二人を育てる身の上ではそこそこ快適だった。

キッチンに古風な(?)ガス給湯器がついていて、もちろん2口のガスレンジ&グリルがあり、
お風呂もガスボイラー。
洗濯機はベランダにあって、洗濯ものはベランダで干すと。
なんというか、導線回路が短縮された生活であったのに、
当然、今のような梅雨の時期だと、洗濯ものはなかなか乾かない。
室内干しするスペースはない、
子供が成長するにつれ、「狭さ」を感じるようになってしまった。

ガス釜の古風なタイル張りのお風呂はなかなか快適ではあったが、
換気窓が小さくて、タイルの溝がカビやすかった。
そして、キッチンとダイニングのクロス壁が排煙で汚れるし、剥がれやすい。
ガステーブルは火力があるので、それをフルパワーで使おうとすると、
白いキッチンクロスが真っ黒になっっちゃうぅ。

それだけが「オール電化住宅」を選択したすべての理由ではない、
けども、
南側の2部屋を仕切るのが、和風の襖でね、押し入れも同じなの。
NHKの朝の連ドラなんかで同じ柄の襖の模様を見る度に、萎えましたね。
これが、「テレビ場と辺縁系共鳴」ツールになるんだなぁと。
このどうしようもない、共鳴場からはやく脱出したい、心底そう思った!

のに、オール電化住宅って、選択は、ほんとに「ゴイムじゃろ?私!」って感じ^^;




それから、私って古いものが好きで、電信電話公社の時の、カラー電話をずっと使ってたの。


ダウンロード (1)


マンションに住んでいた頃に、既に時代遅れなこんな電話を使っていたので、
子どもの友達が、「ちょっと、家に電話していい?」なんていうときに、何?これ?どうやって電話するの?とか聞かれましたね。ぷふふ。

何度かもう返却してください!って電話業者の人に言われたのですが、
娘が「まだ私、これで遊びたいの」って言ったので、いまだに家にあるます^^;
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

めざせ、オール非電化生活 1 

2013/06/20
Thu. 11:19



ブログのサブタイトルを変更しました^^;

前も少し書いたんだけど、私、オール電化の家に住んでおります。

そろそろ築10年になります。
当時、小さな工務店にお勤めしてまして、電力パワーに押され、あれよあれよという間に
「オール電化住宅」を建てる事になりました^^;

売電システム付き太陽光発電、
電気代がお得なんてバリバリCMしてたエコキュート、
24時間換気、
温水循環式の床暖房、
冬は暖かく夏は涼しい、機密性能の高さを維持するため、2重サッシは開けちゃダメ、
とか、灯油ストーブは使用しちゃダメ、とか言われてね…
夏のエアコンの使用は上階に設置したものだけで階下も涼しく、
料理つくるのも、当然IHクッキングヒーターですよ。
食洗機と洗濯機は割安な深夜電力の時間帯に動かして…
外の音は聞こえず、家の中の家電が妙に響いて煩い…
なんて生活をしていました(爆)

疑問を持ち始めたのは、
冬に室内が15度以下になると、床暖房ではとっても寒くて、(寝室のある上階は暖かいけど)
クレームで灯油ボイラーを増設してもらったのを皮切りに、押し入れにしまっていた古い灯油ストーブが復活。
食洗機でお気に入りのグラスや皿に傷がつき、
給湯モニターやIHクッキングヒーターに謎のエラーメッセージが出る度に、
取扱い説明書を引っ張りだしたり、メーカーに問い合わせたり、修理業者に連絡してもらはないといけない。
そりゃ、ちょっと考えればわかる事なのに~~~(泣)
当時は加熱食が当たり前だと思っていたから、
料理も作れないじゃん、

不便だわ~~~~!



しばらくして遭遇したのが、電磁波問題です。
(まだご存じない方は調べてください。念の為)
これは漠然と後悔してても始まらないぞ、私!

という訳で、
フラットなIHクッキングヒーターの上に卓上カセットコンロを置いて加熱食を作り、
電子レンジは邪魔な四角い箱と化しました。
食洗機は、手洗いした食器の一時保管スペース。
主人はガステーブルに付け替えるか?と言い出したのですが、
私、そこまで望んでいないのよ、あなた。

だって、ローフーダーを目指しているんだもん、
ローフーダー、フルータリアンになったら、キッチンそのモノがいらないかもネ

とは言わなかったけど…

TVはほとんど見なくなった。

そこに、311。原発事故。
いらないよ~、原子力発電なんて…
エアコンも壁についてるただの箱と化した。
夏はもう、窓全開で過ごすのだ!
10年前に植えた庭の木が大きく茂って、
窓を全開にしても周囲の視線も気にならないし、
夏の直射日光も遮断できる。

照明も半分で十分だ…
たまに電気屋さんに行くと、明るすぎて落ちつかない。

あの311の後からあまり非電化率はUPしていないのだけど、
ここで頭打ちじゃつまんない。
「非電化工房」の名古屋講演会で、楽しそうに話す藤村さんに、
何かもっと楽しい非電化生活は出来ないだろうか?と考え始めました。

何度か庭で炭火でお魚を焼いてみたり。
考えようによっては、毎日家でキャンプみたいな生活が出来るかも?
さてさて、もっと非電化率は上げられるのか?









ところで、こんなかわいいカセットコンロを発見しました。

51gr9kgMOcL.jpg


ま、何でもそうだけど、イメージ戦略みたいな商品は魔法が解けるの早いね。
ずいぶん騙されてきたけど^^;
シンプルなものだけあれば十分な気がする。






[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。