crazy*3

オール電化住宅でオール非電化生活

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

洗脳されすぎた私 2 

2010/02/24
Wed. 19:10

こんにちは~。
玉蔵さんの思考実験で踊りすぎた為、筋肉痛になっている私です。
嘘です。ごめんなさい。

最近、かめのいえ別館さんのブログを読んで、自分の心を洗い直そうと思い始めました。
奴らは本当に悪いかもしんない。
カレイドスコープさんの言葉を借りれば、社会システムの崩壊は「アメリカによる抱きつき心中」。
ベンジャミンさんのブログを読めば、「2012はバチカン+αによる自作自演」ってかい?
真実は知りたい。
でも、そういう奴らの思惑にどっぷり嵌って
巻き込まれている自分の心が一番問題なんだよ~っと気づいてしまった。

上記のブロガーの皆様他、本当にありがとうございます。


そんな訳で、
私が、最も神々しいと思った人のことを
(かめのいえさんのコメント以外で)書きたいと思います。

玉蔵さん風に表現すると、「ずっこけないでください。」ね。


勤務先近所のスーパー(地域の中では最も地味な)に
私達が「さかな君」と呼んでいるレジ担当のバイト青年がそれです。
さかな君はTVに出ているフグの被り物の人に似ているので私たちはそう呼んでいました。
「さかな君」は、レジ打ちとレジ袋詰めがとても早くて、彼のネームプレートを確認した人はいるのか?
おまけに、お釣りとレシートを渡すときに飛び出して来たレジの引き出しに頭をぶつけそうなくらい深々と
お辞儀をするのです。
誰に対しても。
どうしてそこまでするのか?
隣のレジのおばさんとはギャップがあり過ぎる!
当時の私は結構へそ曲がり(今でも結構曲がってますけど。)
私にはとても真似出来ない!
だから「さかな君」がとても不思議だった。

それからずいぶん時間が経った。(子供はそこそこ大きくなり、
私もすっかりおばさんになった。)
今では、「さかな君」の事を奇特な人とは思わなくなった。
「さかな君」は自分の心を正直に表現してただけの事で、
それは私にも出来る、と思うようになったのです。


奴らの様に存在もしない悪魔を必死で信仰し捏造し、
世界中を恐怖に巻き込む事で運命を全うしようなんて、
本当に「寂しい」、生まれた環境に立ち向かう事さえ出来ないかわいそうな人たちです。
物心ついた時に悪魔を降臨する晩餐の席に自分がいたらどうしますか?


でも、その奴らが存在しない社会だったら、
私は「さなか君」にも、玉蔵さんにもかめのいえのつちさんにもカレイドスコープさんにも、
シドニーおちんさんにも日亀君にも出会う事はなかったと思います。

嫌いな鏡と、大好きな鏡が、重なるように映っています。
その両方から何を学ぶか、
選択するのは、私自身なのでした。

解決出来ない問題を認識することは出来ないし、
自分の中に存在しないものを他人の中に発見する事は出来ない。
障害がなけれ物語りも成立しない。

はっ?
何か柄にも凄い事を書いてしまいました?


本日もありがとうございました。




スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2010-02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。