FC2ブログ

crazy*3

オール電化住宅でオール非電化生活

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

分校校長の始業の挨拶 

2011/05/22
Sun. 14:08

南相馬市に住む方のブログ
モノディアロゴス より



  夕飯の準備をしながら、通りがかりに見たテレビで、福島市のどこかの高校で間借りしながら今日始業式を迎えた県立相馬農業高等学校飯舘分校(本校はわが南相馬市にある)の校長が式辞を述べている。「…今日の始業式を多くの人たちのおかげで迎えることができました…」、その前になんて言ったのか、そしてその後、なんと言葉を続けたのかは知らない。だからこれから書くことはまったくのフィクションであることを予めお断りしておく。そう、校長の名前を富士貞房とさせていただこうか。

「…さて皆さん、ここまではふだん私が始業式で話す挨拶の言葉です。しかしここからは今年の始業式の本当の意味を、校長としてばかりでなく人間富士貞房としてお話ししたい。来賓席には国や県の偉い方々が参列しておられますが、その人たちにはおそらく耳の痛い、いや不愉快なことも言わなければなりません。
 
 今日から高校生活を始める新入生も含めて、みなさんには国が定める成人にはまだ間がありますが、しかし物事の道理、正不正についてはじゅうぶん理解できる年齢です。今回の大震災、とりわけ皆さんの村に降りかかった不幸な出来事については、今さらその経緯をお話しするまでもないでしょう。皆さんのお家で、ご両親が、おじいちゃんおばあちゃんがこれまで毎日話し合ってきたはずですから、皆さんもいま村に何が起こっているのか、じゅうぶん知っていると思います。
 
 先祖伝来の土地や家屋や家畜、つまり私たちのこれまでの生活一切合財を、国のエネルギー政策の失敗から、手放さなければならなくなりました。村にいつ帰れるのか、まだまったく分かりません。私はいま「失敗」という曖昧な言葉を使いました。つまり原発に依存する国のエネルギー政策そのものが間違いだったのか、それとも今回の事故は、未曾有の地震・津波の結果、運悪く起こった事故なのか、「失敗」という言葉そのものは何も言ってません。しかし今回の事故はその発端が地震・津波であったとしても、人間が作った施設の事故であるという意味では、間違いなく人災です。
 
 人災である以上、人間の作為が関与している、つまり事故の原因とまでは言えないまでもその誘因については、それを企図し推進した人間がいるはずであり、その人たちの責任は重大でこんご厳しく検証されなければなりません。そして事故後いろんな場面で「想定外」という言葉が使われました。ある場合には明らかに責任逃れの言葉として。しかし事故が「想定外」のものだと言うことは、或る人たちが或るところまでを「想定した」ということです。それがもろくも崩れたということでしょう。私はここで具体的にだれがその責任を負うべきか、などを究明するつもりはありません。
 
 ただ、これから高校生活を始める生徒諸君、そしてこれから高校生活最後の一年を、あるいは二年目を迎えようとしている皆さん全員にぜひこの機会に言いたいこと、そしてお願いしたいことがあります。それを簡単に言えば、世の中の間違ったこと、不正なことに対して、正しく怒ることを忘れないで下さい、ということです。良い子でいなさい、社会に役立つ人間になりなさい、とは言われてきたでしょうが、必要なときに正しく怒りなさい、とは初めて言われたことでしょう。しかし私は、この正しく怒ることがこの国をもっとましな国するためにぜひ必要なことだと言いたいのです。

 今回の原発事故のあと、それまで原発に賛成してきた人、賛成しないまでもそれを黙認してきた人が、手の平を返したように、自分はもともと原発には反対だったなどと言い出しました。その人たちを非難するつもりはありませんが、しかし世の中に起こる不正や間違ったことに対して、その都度はっきり「ノー」と言うことが大切なのです。そして事態が間違った方に向かうときには怒りの声を挙げてください。具体的な反対運動に身を投じなさいと言うつもりはありません。とりわけ高校生のみなさんには、いまいちばん必要なことは、良い就職をするためではなく、人生を有意義に生きるために必要な理解力・判断力を養うための勉強を一生懸命することなのですから。でも昔と違って、政治を動かすためにはデもや集会などしなくとも、ケータイやインターネットという新しい手段があります。

 実は震災後、私自身がブログなどを通じて自分の考えを表明してきましたが、その過程で沖縄のある高校生のブログに出会い、たいへん感銘を受けました。彼のブログの主な主張は反原発ですが、しかしそれは特定の政党や団体に属してのそれではなく、まったく個人的な動機で始めたブログでたどり着いた考えでした。それも高校生らしく世界のいろんな国の電力事情やエネルギー政策の客観的なデータを集めながら、自分の言葉で自分の考えを表現しているのです。在校生には私がいつも言ってきたことですが、勉強することの最終的な目標は、「自分の目で見、自分の頭で考え、そして自分の心で感じる」ことです。私が知らないだけで、みなさんの中にはこの沖縄の高校生のような勉強や活動をしている人がいるかも知れませんね。そうだとしたら教師としてとても嬉しく思います。

 もしかすると、いやかなり高い確率で、皆さんは将来、飯舘村再建の最前線に立たなければなりません、そのために必要な知識や思考力をしっかり身につけていってください。今から12年前ですから、まだみなさんが小さい頃の話ですが、皆さんのお父さんやお母さんはいわゆる平成の大合併のうねりの中で、お隣の南相馬市と合併せずに個性豊かな村であり続けるという実に賢明な選択をしました。そして豊かな自然を有効利用しての農業や牧畜を発展させてきました。ですから今回の計画的避難区域という屈辱的な扱いを受けて、村民の皆さんがどれだけ胸が張り裂けるような無念さを感じておられるか想像に難くありません。

 最後にもう一度言います。皆さんは皆さんのご両親やおじいちゃんおばあちゃんの心の痛みを決して忘れないで下さい。そしてその無念さをエネルギーに換えて、村再建のため、いやいやそれに留まらず、もっと住みやすい、もっと人間的な国を作るためにしっかり勉強してください。こうして壇上から話しながら、さきほどから皆さんの顔を、皆さんの目を、老眼鏡越しに見ておりました。そして安堵しました。皆さんの目の輝きはほんものです。期待できます。そして同時に、脇に並んでおられる政府関係者、県庁のお役人たちの顔も眼鏡の端に捉えていました。その方々も、私の意見に賛成なさっているのが、時おりの頭の動かし方からも推測できました。たぶんみなさんご存知と思いますが、本年度が私が校長を務める最後の年です。村の校舎を遠く離れての不便な一年ですが、教師も生徒もこの逆境の中、かえってたくましく元気にがんばっていきましょう。以上で少々長すぎた私のお話を終わりにします。」





以上は富士貞房さんのフィクションですが、
(偽)市長さんの復興準備区域宣言も素晴らしいのでオススメします。

また、岩手県大槌町吉里吉里災害対策本部長の芳賀正彦さんの「何も要らない」というメッセージを新聞で読んで、3.11以降にずっと考えていた「本当に必要なものとはなんだろうか」という疑問のその答えを貰った気がしました。


青年海外協力協会のみなさまへ・・・吉里吉里在住・芳賀正彦さんからのメッセージ

避難所(吉里吉里小学校)での生活が続いています。家族は全員無事です。

協力隊活動を終え、35年前に体ひとつでの生活を、この町で始めました。

当時、親戚・知人は皆無。疲れを知らぬ体だけを持っていました。

全ての物を失った今、それでも私には心かよう仲間が大勢います。

廃墟の町に立ち、「35年前に戻っただけのことなんだ」と自分を慰めています。

援助物資等、必要なものは何もありません。欲しいものもありません。

大津波で犠牲になられた方々に、日本各地の空の下より、みなさんの合掌をお願い申し上げます。

吉里吉里の海は今日も穏やかです。




私はまだ3.11からの「経済的な影響」を心配する社会の中にすっぽり嵌っていている。
本当は子供たちだけでも疎開させた方がいいのではないかと思いつつ相馬市の小学校に文房具を届けるという同僚に子供のお下がりランドセルを送ることしか出来なかった。
何か矛盾していて気持ちが悪いのだけど、それ以上の事は何もしてあげられなかった。

でも、不必要な価値観を削いで、新しくて古い価値観(元々必要な事が何か?)を問うていく事、それを実践する事だったら一緒に出来るのではないかと思った。むしろ、(申し訳ないけど)被災者の方々に教えて貰うしかないと思う。
「頑張ろう」とか言いたくない。
言いたくはないけど、パンドラの箱の「直人劇場」の底から出てきたであろう、「希望」「本来の姿」
洗脳メディアの言葉まやかしに屈しない、人の心を信じたい。






なんだかこの頃被災地の方に励まされているような気がする MS Timidaですた。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://radiotimes.blog11.fc2.com/tb.php/186-41281781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。